【肺がん:術後治療】「UFT」vs「経過観察」

手術の後に「UFT」による1年間の術後補助療法を選択することで、5年生存率の向上が期待できる。

試験では、術後に1年間の「UFT」治療によって5年生存率が49.0%から64.1%に向上。「UFTシスプラチンビンデシン」治療を3コース受けた人の5年生存率は60.1%。

【発表】

1996年4月

【原著】

J Clin Oncol. 1996;14:1048-54. [PMID:8648356]