【肺がん:術後治療】「カルボプラチン+パクリタキセル」vs「経過観察」

手術の後、ステージⅠbの人は「カルボプラチンパクリタキセル」を用いた術後補助療法を選択しても、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「カルボプラチンパクリタキセル」治療を受けた人の生存期間は95ヵ月であったが、経過観察された人の生存期間は78ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.125)。

腫瘍径が4cm以上だった人に限っては「カルボプラチンパクリタキセル」治療を受けることで生存期間の延長が期待できる。

試験では、「カルボプラチンパクリタキセル」治療を受けることで77ヵ月から99ヵ月に延長。

グレード3または4の主な有害事象は、好中球減少症。

【発表】

2008年11月1日

【試験名】

CALGB 9633

【原著】

J Clin Oncol. 2008;26:5043-51. [PMID:18809614]