【肺がん:二次治療】「イレッサ」vs「タルセバ」

プラチナ製剤を含む併用化学療法を受けたことがある人は、「イレッサ」治療を選択しても「タルセバ」治療に劣らない無増悪生存期間が期待できるとは限らない。 日本人での成績。

プラチナ製剤を含む併用化学療法を受けたことがある人は、「イレッサ」治療を選択しても「タルセバ」治療に劣らない無増悪生存期間が期待できるとは限らない。

タルセバ」治療を選択するとGrade3以上の皮疹が18.1%人で現れたが、「イレッサ治療」では2.2%であった。

Grade3以上のALT上昇、AST上昇は「イレッサ」治療で多く、それぞれ6.1%と13.0%の人に現れた。「タルセバ」治療ではそれぞれ2.2%と3.3%であった。

日本人での成績。

【発表】

2016年3月28日

【試験名】

WJOG 5108L

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:3248-57. [PMID:27022112]

【外部リンク】