【消化管間質腫瘍:三次治療】「ヴォトリエント+緩和ケア」vs「緩和ケア」

グリベック」も、「スーテント」も効かなくなった人でも「ヴォトリエント」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では2.3ヵ月から3.4ヵ月まで延長。

ヴォトリエント」治療によって最も多く発現した有害事象は高血圧で38%の人に現れた(緩和ケア単独治療でも36%)。重度の有害事象が「ヴォトリエント」治療を受けた35%の人にみられた(緩和ケア単独治療では17%)。その中には肺塞栓症が現れた人も13%含まれていた(緩和ケア単独治療では7%)。

【発表】

2016年4月5日

【試験名】

PAZOGIST

【原著】

Lancet Oncol. 2016 Apr 5.