【PD-L1陽性尿路上皮がん:二次治療】キイトルーダ

治療歴のある人でも、PD-L1陽性であれば「キイトルーダ」治療を選択することで、腫瘍縮小効果が期待できる。

試験では、「キイトルーダ」治療を受けた人の26%で奏功が得られた。11%の人は完全奏功が得られている。

主な有害事象は、倦怠感と末梢浮腫。「キイトルーダ」治療を受けた15%の人がグレード3以上の有害事象を経験した。

【発表】

2017年1月9日

【試験名】

KEYNOTE-012(Phase 1b)〔NCT01848834

【原著】

Lancet Oncol. 2017 ;18:212-220.  [PMID:28081914]

【外部リンク】