【結腸がん:術後治療】「ゼローダ6ヵ月」vs「ゼローダ12ヵ月」

手術後の「ゼローダ」の治療期間は、6ヵ月を選択することで、重度の有害事象を経験するリスクの低下が期待できる。

試験では、6ヵ月間の「ゼローダ」治療を受けることで、12ヵ月間の「ゼローダ」治療を受けた人に比べ、グレード3または4の有害事象が23%から17%に減少。

【発表】

2017 年1月11日

【試験名】

JFMC37-0801 (Phase 3)〔UMIN000001367

【原著】

Int J Clin Oncol. 2017 Jan 11. [PMID:28078540]