【肺がん:一次治療】「S-1+カルボプラチン」vs「パクリタキセル+カルボプラチン」

初めての化学療法を考える場合、「S-1カルボプラチン」治療は、「パクリタキセル+カルボプラチン」治療に劣らない生存期間の延長を期待できる。

S-1カルボプラチン」治療を選択した場合、血小板減少症、吐き気、嘔吐、下痢が現れる可能性が高くなる。「パクリタキセル+カルボプラチン」治療を選択した場合、発熱性好中球減少症、脱毛、神経障害、グレード3以上の白血球減少症・好中球減少症が現れる可能性が高くなる。

【発表】

2010年11月15日

【試験名】

WJTOG3605、LETS

【原著】

J Clin Oncol. 2010;28:5240-6.

【外部リンク】