【EGFR陽性肺がん:一次治療】「ジオトリフ」vs「イレッサ」

EGFR遺伝子陽性の人は、最初の治療として「ジオトリフ」治療を選択することで「イレッサ」治療を選択した場合に比べて無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では10.9ヵ月から11.0ヵ月に延長した(p=0.017)。

ジオトリフ」を選択することで、グレード3以上の「下痢(13% vs 1%)」、「皮疹(9% vs 3%)」がより多く現れたが、グレード3以上の「肝酵素上昇(0% vs 9%)」は現れなかった。「ジオトリフ」も「イレッサ」も有害事象のため治療を中止する人が10%いた。

【発表】

2016年4月12日

【試験名】

LUX-Lung 7(Phase 2)〔NCT01466660

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:577-89. [PMID:27083334]

 

 

【内部リンク】

【外部リンク】