【膵がん:術後治療】「ゼローダ+ジェムザール」vs「ジェムザール」

手術の後、補助化学療法として「ジェムザール」に「ゼローダ」の上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。

試験では、「ジェムザール」に「ゼローダ」を上乗せすることで、生存期間が25.5ヵ月から28.0ヵ月に延長(p=0.032 )。無再発生存期間は「ジェムザール」単独治療を受けた人で13.1ヵ月、「ジェムザールゼローダ」併用治療を受けた人で13.9ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.082)。

ゼローダ」を上乗せすることで、発現しやすくなるグレード3以上の有害事象は、手足症候群、好中球減少症、下痢、感染症。

【発表】

2017年1月24日

【試験名】

ESPAC-4(Phase 3)〔ISRCTN96397434

【原著】

Lancet. 2017; Jan 24.

【外部リンク】