【慢性リンパ性白血病:二次治療】「イデラリシブ+トレアキシン+リツキサン」vs 「トレアキシン+リツキサン」

再発・難治性の慢性リンパ性白血病の人でも、「トレアキシンリツキサン」治療にPI3Kδ阻害薬「イデラリシブ」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では、「トレアキシンリツキサン」治療に「イデラリシブ」を上乗せすることで、無増悪生存期間が11.1ヵ月から20.8ヵ月に延長(p<0.0001)。

イデラリシブトレアキシンリツキサン」治療の主なグレード3以上の有害事象は、好中球減少、発熱性好中球減少症。試験では、「イデラリシブトレアキシンリツキサン」治療を受けた人のうち、60%の人にグレード3以上の好中球減少、23%にグレード3以上の発熱性好中球減少症が23%が発症。

【発表】

2017年1月27日

【試験】

Phase 3〔NCT01569295

【原著】

Lancet Oncol. 2017 ;18:297-311. [PMID:28139405]

【外部リンク】