【乳がん:術後治療】「フェマーラ」vs「アリミデックス」

ホルモン受容体陽性の人が術後のアロマターゼ阻害薬を選択する場合、「フェマーラ」を選択しても「アリミデックス」を選択しても、5年無病生存率は変わらない。

試験では、「フェマーラ」治療を受けた人の5年無病生存率は84.9%、「アリミデックス」治療を受けた人の5年無病生存率は82.9%と治療間に差はなかった(p=0.3150)

5年生存率も2つのアロマターゼ阻害薬の差はない。試験では、「フェマーラ」治療を受けた人の5年無病生存率は89.9%、「アリミデックス」治療を受けた人の5年無病生存率は89.2%と治療間に差はなかった(p=0.7916)。

有害事象の発現率についても、2つのアロマターゼ阻害薬の差はなく、主なグレード3または4の有害事象は、関節痛、高血圧、ホットフラッシュ、筋肉痛、呼吸困難、うつ。

【発表】

2017年1月23日

【試験名】

FACE(Phase 3)〔NCT00248170

【原著】

J Clin Oncol. 2017 ;35:1041-1048. [PMID:28113032]

【外部リンク】