【肺がん:維持療法】「アリムタ」vs「対症療法」

プラチナダブレット終了後に増悪がなかった人は、続いて「アリムタ」による治療を継続することで、対症療法より無増悪生存期間の延長が期待できる。試験では2.6ヵ月から4.3ヵ月に延長。

アリムタによる維持療法を選択する場合、グレード3以上の有害事象、特に疲労感、好中球減少症が多く現れる。試験ではグレード3以上の有害事象が16%の人に、倦怠感が5%の人に、好中球減少症が3%に現れた。

【発表】

2009年9月18日

【試験名】

JMEN

【原著】

Lancet. 2009;374:1432-40.

【外部リンク】