【局所進行肺がん:化学放射線療法】「エトポシド+シスプラチン」vs「パクリタキセル+カルボプラチン」

局所進行非小細胞肺がんの人が化学放射線療法を考える場合、「エトポシドシスプラチン」治療を選択しても、「パクリタキセルカルボプラチン」治療を選択した場合に比べ、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「エトポシドシスプラチン+放射線療法」は、「パクリタキセルカルボプラチン+放射線療法」より3年生存率が15%優れていた(p=0.024)。生存期間は「エトポシドシスプラチン+放射線療法」治療を受けた人で23.3ヵ月、「パクリタキセルカルボプラチン+放射線療法」を受けた人で20.7ヵ月(p=0.095)。

エトポシドシスプラチン+放射線療法」を受けた人ではグレード3以上の食道炎が多く、「パクリタキセルカルボプラチン+放射線療法」を受けた人ではグレード2以上の放射線肺炎が多かった。

【発表】

2017年1月30日

【試験】

Phase 3〔NCT01494558

【原著】

Ann Oncol. 2017;28:777-783. [PMID:28137739]

【内部リンク】