【胃がん:術前後治療】「アバスチン+化学療法」vs「化学療法」

手術前後の補助療法を考える場合、「化学療法」に「アバスチン」の上乗せを選択しても3年生存率の向上は期待しにくい。

試験では、化学療法として「エピルビシンシスプラチンゼローダ」が用いられた。「化学療法」のみによる術前後補助療法を実施した人では3年後に50.3%が生存できていた。「化学療法+アバスチン」による術前後補助療法を実施した人では3年後に生存できていた人は48.1%と、「化学療法」のみを受けた人と差はなかった(p=0.36)。

【発表】

2017年2月2日

【試験名】

ST03(Phase 3)〔NCT00450203

【原著】

Lancet Oncol. 2017 ;18:357-370. [PMID:28163000]