【乳がん:二次治療】「ウチデロン+ゼローダ」vs「ゼローダ」

アントラサイクリン系およびタキサン系製剤が無効となった人でも、「ゼローダ」治療に「ウチデロン」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。中国の試験成績。

試験では、「ゼローダ」治療に「ウチデロン」を上乗せすることで、無増悪生存期間が4.27ヵ月から8.44ヵ月に延長(p<0.001)。

ウチデロンゼローダ」治療の主なグレード3以上の有害事象は、末梢神経障害。「ウチデロン」の上乗せによって22%の人が末梢神経障害を経験。

【発表】

2017年2月10日

【試験名】

BG01-1323L(Phase 3)〔NCT02253459

【原著】

Lancet Oncol. 2017 ;18:371-383. [PMID:28209298]