【肺がん:一次治療】「アリムタ+シスプラチン」vs「ドセタキセル+シスプラチン」

初めての治療を考える場合、「アリムタシスプラチン」治療を選択しても「ドセタキセルシスプラチン」治療に比べて。無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

韓国でのPhase 3試験。試験では「アリムタシスプラチン」治療を受けた人の無増悪生存期間は4.7ヵ月、生存期間は11.7ヵ月、「ドセタキセルシスプラチン」治療を受けた人の無増悪生存期間は4.4ヵ月、生存期間は13.3ヵ月と、治療間に差はなかった。

グレード3または4の好中球減少症、発熱性好中球減少症は、「ドセタキセルシスプラチン」治療でより多く発現。

【発表】

2017年1月11日

【試験名】

TRAIL(Phase 3)

【原著】

Clin Lung Cancer. 2017 Jan 11. [PMID:28185792]