【腎細胞がん:一次治療(OS)】「アフィニトール→スーテント」vs「スーテント→アフィニトール」

治療の順番を考える場合、一次治療として「スーテント」を選択し、病勢進行した場合は「アフィニトール」を選択するという標準治療を選択すべき。

試験では、「スーテントアフィニトール」治療の無増悪生存期間は22.2ヵ月、生存期間は29.5ヵ月。「アフィニトールスーテント」治療の無増悪生存期間は21.7ヵ月、生存期間は22.4ヵ月。

二次治療におけるグレード3または4の有害事象は、「アフィニトール」治療を受けた人の47%、「スーテント」治療を受けた人の57%が経験した。

【発表】

2017年2月21日

【試験名】

RECORD-3(Phase 2)〔NCT01108445

【原著】

Ann Oncol. 2017 ;28:1339-1345.  [PMID: 28327953]

【内部リンク】