【膵がん:一次治療】「ゼローダ+ジェムザール+タルセバ」vs「ジェムザール+タルセバ」

初めての治療を考える場合、「ジェムザールタルセバ」治療に「ゼローダ」の上乗せを選択しても、無増悪生存期間や生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「ジェムザールタルセバゼローダ」治療を受けた人の無増悪生存期間は4.3ヵ月、「ジェムザールタルセバ」治療を受けた人の無増悪生存期間は3.8ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.52)。生存期間も「ジェムザールタルセバゼローダ」治療は6.8ヵ月、「ジェムザールタルセバ」治療は7.7ヶ月と治療間に差はなかった(p=0.69)。

ジェムザールタルセバ」治療に「ゼローダ」を上乗せすることでグレード3または4の好中球減少症の発現率が15%から43%に増加、粘膜炎の発現率が0%から9%に増加。

【発表】

2017年2月17日

【試験】

Phase 2〔NCT01303029

【原著】

Eur J Cancer. 2017;75:73-82. [PMID:28222309]