【乳がん:一次治療】「アブラキサン」vs「ドセタキセル」

化学療法を受けたことがない人は、「アブラキサン」治療を選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「アブラキサン」治療を受けた人の無増悪生存期間は9.8ヵ月、「ドセタキセル」治療を受けた人の無増悪生存期間は11.2ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.363)。日本の臨床試験結果。

生存期間は「アブラキサン」治療を受けた人で42.4ヵ月、「ドセタキセル」治療を受けた人で34.0ヵ月。「アブラキサン」治療を受けた人の56.1%が奏功、「ドセタキセル」治療を受けた人の52.5%が奏功。

グレード4の好中球減少症を「アブラキサン」治療を受けた人の35.0%が、「ドセタキセル」治療を受けた人の89.0%が経験した。グレード3の末梢感覚障害は、「アブラキサン」治療を受けた人の22.0%が、「ドセタキセル」治療を受けた人の5.0%が経験した。

【発表】

2017年3月3日

【試験】

Phase 2

【原著】

Cancer Sci. 2017 ;108:987-994.  [PMID:28256066]