【大腸がん:一次治療】「パルサツズマブ+FOLFOX+アバスチン」vs「FOLFOX+アバスチン」

初めての治療を考える場合、抗EGFL7抗体「パルサツズマブ」治療を選択しても無増悪生存期間、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では「パルサツズマブFOLFOX6アバスチン」治療を受けた人の無増悪生存期間は12ヵ月、「プラセボ+FOLFOX6アバスチン」治療を受けた人の無増悪生存期間は11.9ヵ月。「パルサツズマブFOLFOX6アバスチン」治療を受けた人の59%が奏効し、「プラセボ+FOLFOX6アバスチン」治療を受けた人の64%が奏功。

抗EGFL7抗体「パルサツズマブ」は、日本でも開発されていたが、2014年2月開発は中止された。

【発表】

2017年3月8日

【試験名】

Phase 2

【原著】

Oncologist. 2017 Mar 8. [PMID:28275117]