【去勢抵抗性前立腺がん:一次治療】「クスチルセン+ドセタキセル+プレドニゾン」vs「ドセタキセル+プレドニゾン」

ホルモン療法が効かなくなった人が次の治療を考える場合、「ドセタキセルプレドニゾン」治療にアンチセンスオリゴヌクレオチド「クスチルセン」治療の上乗せを選択しても、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では「クスチルセンドセタキセルプレドニゾン」治療を受けた人の生存期間は23.4ヵ月であり、「ドセタキセルプレドニゾン」治療を受けた人の22.0ヵ月と比べ、統計学的に有意な差は認められなかった(p=0.415)。

クスチルセン」の上乗せによって増加した主なグレード3以上の有害事象は、好中球減少症、発熱性好中球減少症、倦怠感。「クスチルセンドセタキセルプレドニゾン」治療を受けた43%、「ドセタキセルプレドニゾン」治療を受けた36%の人が重篤な有害事象を経験した。それぞれの治療を受けた5%の人が治療に関連した有害事象のため死に至った。

【発表】

2017年3月7日

【試験名】

SYNERGY(Phase 3)〔NCT01188187

【原著】

Lancet Oncol. 2017; 18 :473–485. [PMID:28283282]