【扁平上皮肺がん:二次治療】オプジーボ

プラチナ製剤を含む化学療法後に進行した人でも、「オプジーボ」治療を選択することで、25.7%の確率で奏功が期待できる。

国内Phase 2試験の結果。試験では「オプジーボ」治療を受けた人の25.7%が奏功を得た。病勢コントロール率は54.7%。無増悪生存期間は4.2ヵ月、生存期間は16.3ヵ月。

【発表】

2017年3月7日

【試験】

ONO4538−05(Phase 2)

【原著】

Cancer Sci. 2017 Mar 7. [PMID:28266091]

【外部リンク】