【去勢抵抗性前立腺がん:一次治療】「レニウム188-エチドロン酸+ドセタキセル+プレドニゾン」vs「ドセタキセル+プレドニゾン」

ホルモン療法が効かなくなり、骨転移がある人が次の治療を考える場合、「ドセタキセルプレドニゾン」治療に「レニウム188-エチドロン酸」治療の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくいが、生存期間の延長は期待できる。

試験では、「レニウム188-エチドロン酸」治療を上乗せすることで、生存期間が21.0ヵ月から33.8ヵ月に延長。

無増悪生存期間に対しては治療効果を認めなかったが、治療前のアルカリフォスファターゼが220U/Lより高い人では、「レニウム188-エチドロン酸」治療を上乗せすることで、6.2ヵ月から9.0ヵ月に延長。

血小板減少症は、「レニウム188-エチドロン酸」治療の上乗せによって増加。

【発表】

2017年4月18日

【試験】

Phase 2

【原著】

Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2017 Apr 18. [PMID:28421240]