【ホジキンリンパ腫:二次治療】キイトルーダ

再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫の人でも、「キイトルーダ」治療を選択することで奏功が期待できる。

試験では「キイトルーダ」治療を受けた69.0%の人が奏功を得られた(22.4%は完全奏功)。

この試験の結果を受けて、米国では、2017年3月14日、「難治性またはこれまでに3回以上治療を受け再発した成人および小児古典的ホジキンリンパ腫」の治療薬として「キイトルーダ」が承認された。また、日本においては2016年12月22日、「再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫」の適応追加の一部変更承認申請が行われている。

【発表】

2017年4月25日

【試験名】

KEYNOTE-087(Phase 2)〔NCT02453594

【原著】

J Clin Oncol. 2017 ;35:2125-2132. [PMID:28441111]

【外部リンク】