【大腸がん:二次治療】「コナツムマブ+FOLFIRI」vs「ガニツムマブ+FOLFIRI」vs「FOLFIRI」

フッ化ピリミジン系製剤、エルプラットの治療歴がある人は、「FOLFIRI」治療に「コナツムマブ」または「ガニツムマブ」治療の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「プラセボ+FOLFIRI」治療を受けた人の無増悪生存期間は4.6ヵ月であったのに対し、「ガニツムマブFOLFIRI」治療を受けた人では4.5ヵ月、「コナツムマブFOLFIRI」治療を受けた人では6.5ヵ月であり、治療間に統計学的に有意な差は認められなかった。

生存期間も「プラセボ+FOLFIRI」治療を受けた人が12.0ヵ月であったのに対し、「ガニツムマブFOLFIRI」治療を受けた人では12.4ヵ月、「コナツムマブFOLFIRI」治療を受けた人では12.3ヵ月であり、治療間に統計学的に有意な差は認められなかった。

奏効率は、「プラセボ+FOLFIRI」治療を受けた人で2%、「ガニツムマブFOLFIRI」治療を受けた人で8%、「コナツムマブFOLFIRI」治療を受けた人で14%であった。

主なグレード3以上の有害事象は、好中球減少症と下痢。

【発表】

2013年3月19日

【試験】

Phase 2

【原著】

Ann Oncol. 2013;24:1777-85. [PMID:23510984]