【乳がん:術前治療】「EC→ドセタキセル」vs「アロマシン」

ホルモン受容体陽性、HER2陰性の人が手術前の補助療法を考える場合、「アロマシン」を選択しても、化学療法と同程度の奏功率は期待しにくい。

試験では、術前化学補助療法として「エピルビシンシクロホスファミド」4サイクル後に、「ドセタキセル」4サイクルを受けた人の66%が奏功を得られたのに対し、「アロマシン」治療(閉経前の人には「ゾラデックス」を併用)を24週間受けた人では48%であった。閉経前では「EC→ドセタキセル」で奏効率は75%( vs 44%)と良好。

【発表】

2012年6月6日

【試験名】

GEICAM/2006-03(Phase 2)

【原著】

Ann Oncol. 2012;23:3069-74. [PMID:22674146]