【乳がん:術後治療】「AC→イキサベピロン」vs「AC→パクリタキセル」

トリプルネガティブの人は、手術後の補助療法を考える場合、「ドキソルビシンシクロホスファミドイキサベピロン」治療を選択しても、「ドキソルビシンシクロホスファミドパクリタキセル」治療と同程度の5年無病生存率、5年生存率が期待できる。

試験では、「ドキソルビシンシクロホスファミドパクリタキセル」治療を受けた人の5年無病生存率、5年生存率は、それぞれ83.9%、89.6%であったのに対し、「ドキソルビシンシクロホスファミドイキサベピロン」治療を受けた人の5年無病生存率、5年生存率は、それぞれ87.1%、89.7%であった。

主なグレード3または4の有害事象は末梢神経障害。減量、治療中止は「パクリタキセル」投与期間でより多かった。

【発表】

2017年5月15日

【試験名】

TITAN(Phase 3)

【原著】

Breast Cancer Res Treat. 2017 May 15. [PMID:28508185]