【胃がん:術前治療】「ドセタキセル+シスプラチン+S-1」vs「シスプラチン+S-1」

手術前の補助療法を考える場合、「シスプラチンS-1」治療に「ドセタキセル」治療を上乗せしても有効性の向上は期待しにくい。

試験では、「シスプラチンS-1」治療を受けた人の病理学的奏功率、R0切除率は、それぞれ19.4%、72.7%であったのに対し、「シスプラチンS-1ドセタキセル」治療を受けた人の病理学的奏功率、R0切除率は、それぞれ15.4%、81.8%であった。

主なグレード3または4の血液毒性は、白血球減少症(14.1% vs 26.2%)、好中球減少症(29.7% vs 47.7%)、貧血(14.1% vs 12.3%)、血小板減少症(3.1% 1.5%)。

【発表】

2017年5月9日

【試験】

Phase 2

【原著】

Ann Oncol. 2017 May 9. [PMID:28486692]

【内部リンク】