【神経芽腫(小児):再発・難治例】「ジヌツキシマブ+テモダール+イリノテカン」vs「トーリセル+テモダール+イリノテカン」

再発または難治性の小児でも「テモダールイリノテカン」治療に「ジヌツキシマブ」の上乗せを選択することで、腫瘍の縮小が期待できる。

試験では、「テモダールイリノテカン」治療に「ジヌツキシマブ」を上乗せした小児の53%が治療に奏効した。一方、「テモダールイリノテカン」治療に「トーリセル」を上乗せした場合の奏効率は6%。

テモダールイリノテカントーリセル」治療の主なグレード3以上の有害事象は、好中球減少症(44%)、貧血(33%)、血小板減少症(28%)、ALT上昇(28%)、低カリウム血症(22%)。

テモダールイリノテカンジヌツキシマブ」治療の主なグレード3以上の有害事象は、疼痛(44%)、低カリウム血症(38%)、好中球減少症(25%)、血小板減少症(25%)、貧血(25%)、発熱を伴う感染症(25%)、低酸素症(25%)。

【発表】

2017年5月23日

【試験名】

COG ANBL1221(Phase 2)〔NCT01767194

【原著】

Lancet Oncol. 2017 ;18:946-957.  [PMID:28549783]