【乳がん】「ブパルリシブ+フェソロデックス」vs「フェソロデックス」

化学療法未治療または1ラインの治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「フェソロデックス」治療に「ブパルリシブ」の上乗せを選択することで無増悪で生存期間の延長が期待できる。

試験では、「フェソロデックス」に「ブパルリシブ」を上乗せすることで無増悪生存期間が5.0ヵ月から6.9ヵ月に延長。

主なグレード3または4の有害事象は、ALT上昇(1%→25%)、AST上昇(1%未満→15%)、皮疹(0%→8%)。重篤な有害事象の発現率は、「ブパルリシブ」を上乗せすることで16%から23%に上昇。

【発表】

2017年5月30日

【試験名】

BELLE-2(Phase3)〔NCT01610284

【原著】

Lancet Oncol. 2017 ;18: 904- 916.〔PMID:28576675

【外部リンク】