【乳がん:術後治療】「ゼローダ」vs「プラセボ」

術前補助化学療法(アントラサイクリン系薬、タキサン系薬、またはその両方を含む)を受けた人は、手術を受けた後、「ゼローダ」治療を選択することで、無再発生存率の向上が期待できる。日本と韓国の臨床試験結果。

試験では、術後に「ゼローダ」治療を受けることで、5年無増悪生存率が67.6%から74.1%に、5年生存率が83.6%から89.2%に向上した。

トリプルネガティブの人では、「ゼローダ」治療を受けることで、5年無増悪生存率が56.1%から69.8%に、5年生存率が70.3%から78.8%に向上した。
ゼローダ」治療の主な有害事象は、手足症候群で、治療を受けた 73.4%の人に発現した。

【発表】

2017年6月1日

【試験名】

CREATE-X /JBCRG-04(Phase 3)〔UMIN000000843

【原著】

N Engl J Med 2017;376:2147-59. [PMID:28564564]

【外部リンク】