【乳がん:術後治療】「2週毎のエピルビシン」vs「3週毎のエピルビシン」

早期乳がんの女性は、手術を受けた後「2週毎のエピルビシン」投与とし、治療強度を高める選択をしても、5年無再発率の向上は期待しにくい。

試験では、標準治療である「3週毎のエピルビシン」投与を受けた人の5年無再発率は85.9%であったのに対し、投与間隔を狭めた「2週毎のエピルビシン」投与を受けた人の5年無再発率は87.1%であり、治療間に差はなかった(p=0.42)。

主なグレード3以上の有害事象は、「3週毎のエピルビシン」治療の好中球減少症(16%)、倦怠感(5%)。「2週毎のエピルビシン」治療では倦怠感(6%)、感染症(3%)。

【発表】

2017年6月6日

【試験名】

UK TACT2(Phase 3)〔NCT00301925

【原著】

Lancet Oncol. 2017; 18: 929 -45. [PMID:28600210]

【内部リンク】

【外部リンク】