【乳がん:術後治療】「FEC 6サイクル」vs「FEC 4サイクル」

手術後の補助療法を考える場合、「5-FUエピルビシンシクロホスファミド (FEC)」6サイクルを選択しても、5年無病生存率の向上は期待しにくい。

試験では、「FEC(4サイクル)」治療を受けた人の5年無病生存率が88.4%であったのに対し、「FEC(6サイクル)」治療を受けた人の5年無病生存率が92.1%であり、治療間に統計学的な有意差は認められなかった(p=0.24)。

【発表】

2017年5月11日

【試験名】

UCBG-0106(Phase 3)〔NCT00055679

【原著】

Eur J Cancer. 2017;79:166-175. [PMID:28501763]