【小細胞肺がん:一次治療】「リロツムマブ+エトポシド+カルボプラチン」vs「ガニツマブ+エトポシド+カルボプラチン」vs「エトポシド+カルボプラチン」

初めての治療を考える場合、「カルボプラチンエトポシド」治療に抗HGF抗体「リロツムマブ」や抗IGF-1R抗体「ガニツマブ」治療の上乗せを選択しても、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「カルボプラチンエトポシド」治療を受けた人の生存期間が10.8ヵ月であったのに対し、「リロツムマブカルボプラチンエトポシド」治療を受けた人では12.2ヵ月、「ガニツマブカルボプラチンエトポシド」治療を受けた人では10.7ヵ月と治療間に差は認められなかった。

無増悪生存期間も「プラセボ+カルボプラチンエトポシド」治療を受けた人で5.4ヵ月であったのに対し、「リロツムマブカルボプラチンエトポシド」治療を受けた人では5.4ヵ月、「ガニツマブカルボプラチンエトポシド」治療を受けた人では5.5ヵ月と治療間に差は認められなかった。

「プラセボ+カルボプラチンエトポシド」治療を受けた人の19%、「リロツムマブカルボプラチンエトポシド」治療を受けた人の16%、「ガニツマブカルボプラチンエトポシド」治療を受けた人の12%が有害事象のため治療を中止した。

【発表】

2017年5月10日

【試験】

Phase 2

【原著】

Clin Lung Cancer. 2017 May 10. [PMID:28601388]