【CD20陽性MALTリンパ腫】「クロラムブシル+リツキサン」vs「クロラムブシル」vs「リツキサン」

CD20陽性の人は、「クロラムブシルリツキサン」併用療法を選択することで、5年無イベント生存率の向上が期待できる。

試験では、「クロラムブシル」単独療法を受けた人の5年無イベント生存率は51%、「リツキサン」単独療法を受けた人の5年無イベント生存率は50%であったのに対し、両剤の併用療法「クロラムブシルリツキサン」を受けた人では68%に向上(p=0.0009)。

【発表】

2017年3月29日

【試験名】

IELSG-19(Phase 3)〔NCT00210353

【原著】

J Clin Oncol. 2017;35:1905-1912. [PMID:28355112]

【外部リンク】