【甲状腺がん(高齢者)】「レンビマ」vs「プラセボ」

放射性ヨウ素治療抵抗性の人は、 65歳以下でも、65歳超えの人でも「レンビマ」治療を選択することで、無増悪生存期間の圧倒的な延長が期待できる。

試験では、65歳以下の人は「レンビマ」治療を受けることで、無増悪生存期間が3.2ヵ月から20.2ヵ月に延長。65歳超えの人は「レンビマ」治療を受けることで、無増悪生存期間が3.7ヵ月から16.7ヵ月に延長。

【発表】

2017年6月14日

【試験名】

SELECT(Phase 3)〔NCT01321554

【原著】

J Clin Oncol. 2017 Jun 14. [PMID:28613956]

【内部リンク】