【ER陽性乳がん:二次治療】「イレッサ+タモキシフェン」vs「タモキシフェン」

一次治療のアロマターゼ阻害薬治療が無効となった人は、「タモキシフェン」治療に「イレッサ」の上乗せを選択しても臨床有益率の向上は期待しにくい。

試験では、「プラセボ+タモキシフェン」治療を受けた人の臨床有益率は31.4%であったのに対し、「イレッサタモキシフェン」治療を受けた人の臨床有益率は29.2%と、治療間に差は認められなかった(p=0.517)。

【発表】

2011年1月10日

【試験】

Phase 2〔NCT00229697

【原著】

Clin Cancer Res. 2011;17:1147-59. [PMID:21220480]

【内部リンク】