【小細胞肺がん:一次治療(シスプラチン+エトポシド)】「毒性補正用量」vs「固定用量」

進展型小細胞肺がんの人が初めての治療を考える場合、「シスプラチンエトポシド」治療の用量を毒性補正量を選択しても奏効率の向上は期待しにくい。

試験では、「シスプラチンエトポシド」を固定用量で治療された人の54.4%が奏功を得たのに対し、毒性補正量で治療された人では58.2%の奏効率であり、治療間に差は認められなかった(p=0.75)。

【発表】

2017年2月27日

【試験】

STAD-1(Phase 3)

【原著】

Lung Cancer. 2017;108:15-21. [PMID:28625627]