【乳がん:術後治療】「エピルビシン+ドセタキセル」vs「エピルビシン」→「ドセタキセル」

手術後の補助療法を考える場合、「エピルビシンドセタキセル」6サイクル同時投与を選択しても、5年無病生存率の向上は期待しにくい。

試験では、「エピルビシン」4サイクル後に「ドセタキセル」4サイクルの逐次治療を受けた人の5年無病生存率は92.6%であったのに対し、「エピルビシンドセタキセル」6サイクル同時治療を受けた人の5年無病生存率は88.2%であり、治療間に差はなかった(P=0.055)。

主な有害事象は、好中球減少症、発熱性好中球減少症、嘔吐・悪心。好中球減少症、嘔吐・悪心の発現は、逐次治療を受けた人で有意に多かった。

【発表】

2017年6月22日

【試験】

Phase 3

【原著】

Br J Cancer. 2017 Jun 22. [PMID:28641315]