【乳がん:術後治療】「ドセタキセル+ゼローダ→CE+ゼローダ」vs「ドセタキセル→CEF」

早期乳がんの女性は、手術を受けた後、「ゼローダ」を含めた化学療法を選択しても、無再発生存期間、生存期間の延長は期待しにくい。ただし、トリプルネガティブの人では、「ゼローダ」を含めた治療を選択することで、無再発生存期間、生存期間の延長が期待できる。

試験では、

が比較された。5年無再発生存率は「T-CEF」レジメンを受けた人で84.5%、「TX-CEX」レジメンを受けた人で86.3%、10年無再発生存率は「T-CEF」レジメンを受けた人で78.5%、「TX-CEX」レジメンを受けた人で76.5%と治療間に差はなかった(p=0.23)。

5年生存率は「T-CEF」レジメンを受けた人で90.2%、「TX-CEX」レジメンを受けた人で92.7%、10年生存率は「T-CEF」レジメンを受けた人で82.4%、「TX-CEX」レジメンを受けた人で84.0%と治療間に差はなかった(p=0.15)。

トリプルネガティブの人に限ると、「TX-CEX」レジメンを受けた人では、「T-CEF」レジメンを受けた人に比べ、無再発生存期間(p=0.02)、生存期間(p=0.03)が有意に長かった。

【発表】

2017年6月1日

【試験名】

FinXX(Phase 3)〔NCT00114816

【原著】

JAMA Oncol. 2017;3:793-800. [PMID: 28253390]