【KRAS野生型大腸がん:一次治療】「FOLFOX+ベクティビックス」vs「FOLFIRI+ベクティビックス」

KRAS陽性の人が初めての治療を考える場合、「FOLFOXベクティビックス」治療を選択しても、「FOLFIRIベクティビックス」治療を選択しても、高い奏効率が期待できる。

FOLFOXベクティビックス」治療を受けた人の奏効率は74%、「FOLFIRIベクティビックス」治療を受けた人の奏効率は67%であり、治療間に差はなかった(p=0.501)。

FOLFOXベクティビックス」治療を受けた人の無増悪生存期間は13ヵ月、生存期間は37ヵ月、「FOLFIRIベクティビックス」治療を受けた人の無増悪生存期間は14ヵ月、生存期間は41ヵ月であり、いずれも治療間に差はなかった(p=0.728、p=0.966)。

グレード3または4の有害事象は、「FOLFOXベクティビックス」治療を受けた84%の人に、「FOLFIRIベクティビックス」治療を受けた77%に発現した。

【発表】

2017年6月17日

【試験名】

PLANET-TTD(Phase 2)〔NCT00885885)〕

【原著】

Eur J Cancer. 2017 Jun 17. [PMID: 28633089]