【PD-L1陽性肺がん】テセントリク

PD-L1陽性の人は、治療ラインに関わらず、「テセントリク」の効果が期待できる。

試験では、一次治療として「テセントリク」治療を受けた人の22%に奏功し、無増悪生存期間は5.4ヵ月、生存期間は20.1ヵ月であった。二次治療として「テセントリク」治療を受けた人の19%に奏功し、無増悪生存期間は2.8ヵ月、生存期間は15.5ヵ月であった。三次治療として「テセントリク」治療を受けた人の18%に奏功し、無増悪生存期間は2.8ヵ月、生存期間は13.2ヵ月であった。

テセントリク」治療を受けた58% の人はグレード3または4の有害事象を発現しなかった。

【発表】

2017年6月13日

【試験名】

BIRCH(Phase 2)〔NCT02031458

【原著】

J Clin Oncol. 2017 ;35 :2781-9 [PMID: 28609226]

【外部リンク】