【腎細胞がん:術後治療】「ギレンツキシマブ」vs「プラセボ」

淡明細胞型の人は手術後に「ギレンツキシマブ」治療を選択しても無病生存期間の延長は期待しにくい。

試験では「ギレンツキシマブ」と「プラセボ」のいずれかが投与され、無病生存期間と生存期間の2つが主要評価項目とされた。生存期間は観察期間中いずれの治療群も未到達であった。

無病生存期間は「ギレンツキシマブ」治療を受けた人で71.4ヵ月、「プラセボ」治療を受けた人では未到達と治療間に差はなかった。

【発表】

2016年10月27日

【試験名】

ARISER(Phase 3)〔NCT00087022

【原著】

JAMA Oncol. 2017;3:913-920. [PMID: 27787547]