【食道がん:一次治療】「アービタックス+化学放射線療法」vs「化学放射線療法」

化学放射線療法」に「アービタックス」治療を上乗せしても生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「化学放射線療法」として「パクリタキセルシスプラチン+放射線療法(50.4 Gy/1.8 Gy/回×28回)」が用いられた。

2年生存率は「化学放射線療法」のみを受けた人が44%であったのに対し、「アービタックス化学放射線療法」治療を受けた人は45%であった。3年生存率は「化学放射線療法」のみを受けた人で28%、「アービタックス化学放射線療法」治療を受けた人で34%と治療間に差はなかった(p=0.47)。

臨床的完全寛解は「化学放射線療法」のみを受けた人の58%、「アービタックス化学放射線療法」治療を受けた人の56%に認められた。

治療に関連したグレード3、4の有害事象は「化学放射線療法」のみを受けた人のうち、それぞれ50%、17%に、「アービタックス化学放射線療法」治療を受けた人のうち、それぞれ46%、23%に発現した。治療に関連した有害事象によって「化学放射線療法」のみを受けた人の1%、「アービタックス化学放射線療法」治療を受けた人4%が死に至った。

【発表】

2017年7月6日

【試験名】

RTOG 0436(Phase 3)〔NCT00655876

【原著】

JAMA Oncol. 2017 Jul 6.