【乳がん:二次治療】「ダロツズマブ+リダフォロリムス+アロマシン」vs「リダフォロリムス+アロマシン」

非ステロイド型アロマターゼ阻害薬の投与を受けたが進行した人は、「アロマシンリダフォロリムス」に抗IGF-1受容体抗体「ダロツズマブ」の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「ダロツズマブアロマシンリダフォロリムス」治療の「アロマシンリダフォロリムス」治療に対する無増悪生存期間について比較検証している。「アロマシンリダフォロリムス」治療の無増悪生存期間が31.9週であったのに対し、「ダロツズマブアロマシンリダフォロリムス」治療の無増悪生存期間は23.3週と、治療間に差はなかった。

グレード3〜5の有害事象は、「アロマシンリダフォロリムス」治療を受けた人の67.5%が経験したのに対し、「ダロツズマブアロマシンリダフォロリムス」治療 を受けた人では59.0%であった。

【発表】

2017年7月5日

【試験】

Phase 2〔NCT01605396

【原著】

Breast Cancer Res Treat. 2017 Jul 5.  [PMID: 28681171 ]