【HER2陽性・HR陽性乳がん:術前治療】「カドサイラ」vs「ハーセプチン+ホルモン療法」

HER2陽性かつHR陽性の人は、術前に12週間の「カドサイラ」治療を選択することで、病理学的完全奏功の向上が期待できる。「カドサイラ」治療に「ホルモン療法」を上乗せしても効果は変わらない。

試験では、術前12週間の「カドサイラ」治療、「カドサイラ+ホルモン療法」、「ハーセプチン+ホルモン療法」が病理学的完全奏功率に及ぼす影響を比較検証。

ハーセプチン+ホルモン療法」を受けた人の15.1%が病理学的完全奏功を得たのに対し、「カドサイラ」治療を受けた人では41.0%の人が病理学的完全奏功を得た(p<0.001)。「カドサイラ+ホルモン療法」を受けた人の病理学的完全奏功率は41.5%に留まった。

カドサイラ」治療の選択によってグレード1または2の毒性が高まる。特に多かった有害事象は、血小板減少症、悪心、肝酵素上昇。

【発表】

2017年7月6日

【試験名】

ADAPT HER2-positive/HR2-positive study(Phase 2)

【原著】

J Clin Oncol. 2017 ;35:3046-3054. [PMID: 28682681]