【限局性前立腺がん(12.7年後)】「手術」vs「経過観察」

PSA検査によって限局性前立腺がんと診断された場合、「前立腺全摘除術」を選択しても生存期間の延長は期待しにくい。12.7 年(中央値)追跡した結果も結論は変わらず。

12.7年後、「前立腺全摘除術」を受けた人の61.3%、手術を受けずに「経過観察」された人の66.8%が死亡し、治療間に差はなかった(p=0.06)。

前立腺全摘除術」を受けることで、治療が必要なレベルの勃起障害(5.4%→14.6%)と尿失禁(4.4%→17.3%)が増加した。

【発表】

2017年7月13日

【試験名】

PIVOT(Phase 3)〔NCT00007644

【原著】

N Engl J Med 2017; 377:132–42. [PMID: 28700844 ]

【内部リンク】

【外部リンク】