【腎細胞がん:一次治療】「ヴォトリエント⇔アフィニトール(交替治療)」vs「ヴォトリエント」

初めての治療を考える場合、「ヴォトリエント」と「アフィニトール」とを8週ごとに交互に替える交替治療を選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。「アフィニトール」は、「ヴォトリエント」治療後に病勢が進行してから選択すればよい。

試験では、「ヴォトリエント」と「アフィニトール」とを8週ごとに交互に替える交替治療の無増悪生存期間について、「ヴォトリエント」治療を対照に比較。

無増悪生存期間は「ヴォトリエント」治療を受けた人が9.4ヵ月であったのに対し、交替治療を受けた人では7.4ヵ月であり、治療間に差はなかった(p=0.37)。

交替治療を受けた人で粘膜炎、食欲不振、めまいが多く発現。

【発表】

2017年4月1日

【試験名】

ROPETAR(Phase 2)〔NCT01408004

【原著】

JAMA Oncol. 2017;3:501-508. [PMID: 27918762]