【乳がん:術後治療】「アロマシン」vs「タモキシフェン→アロマシン」

早期乳がんの女性は、手術を受けた後「タモキシフェン」による治療から始めなくても、「アロマシン」による5年間のホルモン療法を実施すれば、同程度の10年無再発生存率が期待できる。

試験では、術後に5年のホルモン療法として、
(1)「タモキシフェン(2.5〜3.0年)」投与後に、「アロマシン」に切り換え
(2)「アロマシン」5年投与
の2種類のレジメンの無病生存期間を比較。

いずれの術後補助療法も10年無病生存率は67%と、治療間に差はなかった(p=0.39)。

【発表】

2017年7月18日

【試験名】

TEAM(Phase 3)〔NCT00279448 , NCT00032136

【原著】

Lancet Oncol. 2017; 18: 1211–1220 [PMID: 28732650]