【乳がん:二次・三次治療】「ネクサバール+パクリタキセル」vs「パクリタキセル」

二次治療または三次治療において、「パクリタキセル」治療に「ネクサバール」治療の上乗せを選択しても、無増悪生存期間と生存期間が短縮する可能性が極めて高い。

試験では、「ネクサバールパクリタキセル」併用治療について、「パクリタキセル」単剤治療を対照に、無増悪生存期間の延長を検証。「パクリタキセル」単剤治療に「ネクサバール」治療を上乗せすることによって、無増悪生存期間が6.6ヵ月から5.6ヵ月に短縮し(p=0.041)、生存期間は20.7ヵ月から12.1ヵ月に短縮した(p=0.018)。

パクリタキセル」単剤治療に「ネクサバール」治療を上乗せすることによって、毒性が高まった。主なものは、下痢、悪心、好中球減少症、手足症候群、食欲不振。

【発表】

2017年7月25日

【試験名】

PASO(Phase 2)〔NCT01320111

【原著】

BMC Cancer. 2017 ;17:499. [PMID: 28743247]